鳥居補強検討委員会

最初の鳥居をくぐり、石段を108段上がると両部鳥居があります。脚部の腐食が進み今にも転倒しそうな状況ですが、新しくする費用もありません。作業道路もありませんので改修計画を立案するには時間が必要です。

笠木だけでも残せるよう、今年度公益財団法人ふくしん地域振興協力基金様から助成をいただき、仮設の補強法を検討しています。

東側から見上げる

北側から 

転倒防止の単管パイプが
痛々しい

西側から

鳥居補強案

8月12日 検討委員会で補強方法を議論する予定です

A案 単管で笠木,貫を支える

仮設でありながら美しく

B案 支保工で笠木を支える

できるだけシンプルに
将来の工事でも使えるように

8月12日 検討委員会 鳥居を見ながら説明

検討委員会 社務所にて B案で進めることになりました